建設業許認可業務 石川県加賀市の相続登記・遺言・不動産登記などのご相談は、曽根司法書士・たかうち行政書士合同事務所にお気軽にご相談ください。

  • HOME
  • 事務所案内
  • 費用一覧
  • よくある質問
  • お問い合わせ

建設業許認可業務

  • HOME
  • 建設業許認可業務

建設業許可とは

家事事件

一定以上の規模の建設工事を請け負う者は、建設業法に基づいて都道府県知事又は国土交通大臣の許可を受けなければなりません。元請・下請け・孫請けに関わらず、また建設工事を請け負って施工する業者であれば個人でも法人でも、許可を受けなければなりません。
但し、軽微な工事のみを請負う業者は、許可を受ける必要はありません。

  • 軽微な工事とは?
  • 工事一件の請負代金額が500万円に満たない工事のことをいいます。
    但し、「建築一式工事」の場合、工事一件の請負代金額が1,500万円に満たない工事、又は延べ面積が150m2に満たない木造住宅工事のことをいいます。

言い換えれば、500万以上の工事を請負う建設業者は、建設業許可を取得しておく必要があります。
建設業許可は、ゼネコン、工務店に限らず、外構・型枠・仕上げ・左官・塗装・設備などなど、工事に携わる全ての業者が対象になります。

建設業許可の業種

国土交通大臣または都道府県知事は、建設業の種類すなわち業種別に許可を行います。建設工事には、下記のとおり28の種類があり、それぞれの工事の種類が建設業許可における業種に対応しています。建設業の許可は、営業する業種ごとに取得する必要があります。また、同時に2つ以上の業種の許可を受けることができ、現有の許可業種に 業種をいくつでも追加できます。ある業種の許可を受けた場合でも、他の業種の工事を請け負うことは、その業種の許可も 受けていない限り禁じられます。

土木一式工事 内装仕上工事 タイル・れんが・ブロック工事
大工工事 熱絶縁工事 鉄筋工事
とび・土工・コンクリート工事 造園工事 しゅんせつ工事
屋根工事 建具工事 ガラス工事
管工事 消防施設工事 防水工事
鋼構造物工事 建築一式工事 機械器具設置工事
舗装工事 左官工事 電気通信工事
板金工事 石工事 さく井工事
塗装工事 電気工事 水道施設工事
清掃施設工事    
  • 有効期間
  • 建設業許可は5年間有効です。5年毎に更新が必要です。
  • 特定と一般
  • 国土交通大臣または都道府県知事は、28の業種ごとに特定建設業と一般建設業の2種類の許可を行います。 「特定建設業の許可」は、元請けする1件の建設工事につき3,000万円以上(建築一式工事の場合には4,500万円以上)の下請契約を する者が受ける必要があります。「一般建設業の許可」は、元請けする1件の建設工事につき3,000万円未満(建築一式工事の場合 には4,500万円未満)の下請契約しかしない者が受けることとなります。なお、どちらの許可も建設工事の請負金額の大きさ自体には 制限がありません。
  • 許可申請書類の入手
  • 各都道府県の建設業許可申請の窓口で許可申請の手引きを入手し、よく読んでから書類を作成します。
    許可申請書に必要な書類は、各都道府県の建設業許可申請の窓口や、建設業協会などで販売されています。
    許可申請書のほかに会社の謄本や代表者の住民票など必要な書類が多いです。
  • 許可申請書類手数料
  • ●建設大臣の許可
    新規の許可・・・ 15万円(登録免許税)
    更新及び同一許可区分内での追加の許可・・・ 5万円(許可手数料)
    ●都道府県知事の許可
    新規の許可・・・ 9万円(許可手数料)
    更新及び同一許可区分内での追加の許可・・・ 5万円(許可手数料)
    以上は必ずかかる手数料です。
  • お気軽にお問い合わせください!0761-75-7366
お客様サポート(お問い合わせ)
  • お電話でのお問い合わせ
  • 0761-75-7366
  • 対応時間 月~金 9:00~18:00
  • 相談予約はこちら
司法書士業務業務のご相談
行政書士業務業務のご相談

事務所案内

  • 曽根司法書士・たかうち行政書士
    合同事務所
  • 〒922-0816 石川県加賀市
    大聖寺東町1丁目9番地2階
    TEL:0761-75-7366
    FAX:0761-75-7367
  • 事務所案内詳細
費用のお支払いが厳しい方へ 民事法律扶助制度
pagetop